それでも、人生は素晴らしい

ジャニーズが大好きなパニック障害の主婦です。嵐→空白7年→Sexy Zone→ジャニーズWEST 不妊治療中です。

HIKARIさんの楽曲が好きだ

ジャニーズと言えばこの人!もしくはこのグループならこの人!という作曲家さん。
きっと皆さんの頭の中にも何人か思い浮かんでいるのではないだろうか。
私が真っ先に思い浮かべたのは、馬飼野康二先生だ。
A・RA・SHI、NEWSニッポン、Ultra Music Power、Sexy Zoneなど、馬飼野先生にデビュー曲を任せておけば間違いない。
また、私がジャニーズにハマるきっかけとなった「恋はブレッキー」を作曲したのも馬飼野先生だ。
最近では、「Wash Your Hands」を作曲、その覚えやすいメロディーは、さすが!!と思わざるを得なかった。
勿論、そんな馬飼野康二先生の楽曲も大好きだが、ジャニーズの楽曲を手がけたことがある方の中で、私が一番好きな作曲家は断トツでHIKARIさんである。
今回は、私の好きなHIKARIさんの楽曲について話していきたい。
何分、音楽の成績が2とか3の人間なので(音痴)、素人の感想として温かい目で読んでいただけたらと思います。

 

HIKARIさんの楽曲の魅力

HIKARIさんの作る曲の魅力といえば、めちゃくちゃドラマチックなところ!!(語彙力)
メロディが予想していないところに飛んでいくので、心地良い違和感に包まれながら、思ってもいなかった世界まで連れていかれる感じが大好きだ。
そして、1曲通して聞いた時に、そのスケールの大きさに驚かされる。
私が初めて聴いたジャニーズに提供したHIKARIさんの楽曲は、TOKIOの「Symphonic」だった。

TOKIO 「Symphonic」

銀河だの世界だの出てくる歌詞のせいかもしれないが、広がっていくメロディと相まって、壮大すぎて宇宙を感じる。
一方、んで僕ら、んで僕は、という話し言葉のような歌詞も入っていて(作詞もHIKARIさん)、日常とまだ見ぬ世界、そしてファンとTOKIOが、TOKIOの奏でる音楽で繋がっているのだと、私はそういう気持ちで聞いていた。
HIKARIさんが手がけたTOKIOの楽曲は、Southend、Cm、路傍の花など名曲揃いというか、名曲しかないので是非聞いてみて欲しい。
しかし、TOKIOはこれから先も、ずっと色々な音楽を奏で続けて、私たちにどんな世界を見せてくれるのだろうかと楽しみだったので、残念でならない。
アルバム「5 AHEAD」収録。

嵐 「忘れられない」

シングル「Beautiful days」収録。
HIKARIさんの楽曲が好きすぎて、嵐にも書いてくれないだろうか・・・とずっと心待ちにしていた1曲。
私の記憶が正しければ、HIKARIさんの嵐への楽曲提供は、この曲が初。
切なさが爆発している、サビのドラマチックすぎるメロディは、HIKARIさんにしか生み出せない世界だと思う。
「心まで」の部分のメロディは、無くても曲として成立してしまうのだが、この部分があることによってものすごく余韻が残るし、曲に広がりが出ている。
とにかく好き。
寒くなってきた今の季節にぴったりの曲!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Beautiful days [ 嵐 ]
価格:1217円(税込、送料無料) (2020/11/3時点)


 

V6 「Orange」

2005年発売シングル曲。
どうして?どうしてそっちに音が飛んでいく?という不思議なメロディの虜になる1曲。
特にサビのメロディはとても難解だ。
違和感があるといってもいいかもしれない。
しかしそれがなんとも言えず不思議で心地よく、メロディだけで何故かオレンジ色の光が見えてくる。


V6に提供した楽曲なら、「Voyager 〜ボイジャー~」も外せないし、アルバムmusicmindに収録されている、岡田くんのソロ曲、「ユメニアイニ」も好きすぎる。

Kis-My-Ft2 「Edge of Days」

2009年発売シングル曲。
キスマイBUSAIKU!?はよく見る番組の1つなのだが、エンディングで初めてこの曲を聞いた時、え!?何この自分の好みドンピシャの曲!?と思って調べたところ、HIKARIさん作詞作曲の楽曲と判明して納得。
近年のジャニーズの曲の中で、自分の中のNo.1かもしれない。
サビから、まさに切り裂かれるように世界がバーン!と広がっていく感じ、壮大でドラマティックな感じがHIKARIさん。
カッコ良すぎる。
楽曲の良さを最大限以上に引き出している7人のパフォーマンスも最高。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Edge of Days (通常盤) [ Kis-My-Ft2 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/11/3時点)


 

SnowMan 「D.D.」

デビュー曲がHIKARIさんだなんて・・・!!と驚愕した1曲。
「閉ざされた扉へCloser」から、これからどこに連れていかれるんだろう!?というドキドキ感が高まってきて、「進化してゆけWe are」で、更に高まるメロディの展開、そこからのサビのDancing Dynamiteで炸裂。
イイネ!としか言い様がないスピード感のあるダイナミックなメロディ。
やっぱりHIKARIさんの曲は良い・・・

まだ知らない曲も多いので、もしオススメのHIKARIさんの曲があったら是非教えてください♪